スポンサードリンク

香港とマカオの魅力がいっぱい!香港・マカオ旅行ツアー体験記サイトトップ >香港の魅力 | 香港の乗り物 >> 香港のオープントップバスでステキなドライブを!
香港で有名な乗り物の1つにオープントップバスがあります。このオープントップバスというのは2階建ての大きなバスで、その2階部分は屋根がないバスのことです。

まさにオープンなトップのバスなわけですね(笑)

HISでこのオープントップバスに乗って香港を周るというオプションを申し込みました。周遊時間は1時間半。少し長いかなぁとも思っていましたが、意外とあっという間でした。

夜8時にDFSに集合でしたが、15分~20分前には結構人が集まってました。スタッフが数組受付した後、「乗っていいですよ」と声をかけたのですが、その瞬間お客さんは一斉にバスに向かってサァーっと小走りでしたf^_^;

みんな「我先に!」といった感じで、私は少しあっけにとられてしまいました。それでも周りに流されながらバスの2階部分の一番後ろの席に座れました。どうやらみんなが狙っていたのは、一番前の席みたいです。

確かに一番前は見晴らしが良さそうですが、風をよけるような大きなボードが目の前にあります。それも少し薄汚れているので、写真を撮る時にはきっとジャマになると思いますけどね。

このオープントップバスのオプションは、まずハーバービクトリア沿いを走り、夜景やイルミネーションを楽しみます。私が行った時は、クリスマスのイルミネーションがあってさらに感動しました。

その後は女人街(「ノイヤンガイ」と呼びます)へ行き、香港らしい通りを走ります。女人街はよくテレビで見ると思いますが、頭のすぐ上に看板があるこれぞ香港と感じる地域です。オープントップバスに乗ると本当に看板に手が届きそう。周りのお客さんも自分の手を伸ばしてました(笑)。

最後にザ・ペニンシュラホテル香港周辺を走って終了です。途中で九龍島と香港島間に走るトンネルをくぐります。天井が近くて、今までにない視点で楽しめました。

このオープントップバスで周遊するオプションは、香港旅行の記念だから乗ってみるかという感覚だったのですが、実際に乗ってみて本当に楽しめました。値段はHISの30周年記念ということで、1人1,050円でした。

50人~60人乗れるバスが満席で、香港に着いてから申し込もうとした人は空きがなく、ダメだったみたいです。もしこのオープントップバスに乗りたいと思ったら、香港に出発する前に日本で申し込んでおくことをおすすめします。

スポンサードリンク

hawaiiryokou at 23:30│clip!香港の魅力 | 香港の乗り物

これからはじめるCFD